GMOとくとくBBのWiMAXのメリットとデメリット

WiMAXは本家のUQWiMAXを利用するよりも他のプロバイダを利用するほうが利用料金にメリットが多いですが、その中でももっとも利用料金が安くなるのがGMOとくとくBBであったため利用することにしました。

 

WiMAXでは自宅でのパソコンとタブレット、スマートフォンの3台の端末での利用でしたから、それぞれに別のインターネット契約と比べるとかなりコストが削減できました。

 

ただし、利用する前には自宅のパソコンは光ファイバーでしたし、スマートフォンはキャリア契約でしたので、回線速度の面では非常に心配していましたが、それもなんとか我慢できる範囲であると自分では納得しています。

 

それでも、パソコンでの動画をたくさん見たいというようなヘビーユーザーではWiMAXの回線速度は満足することができないでしょうし、WiMAXが実施している速度制限に引っかかればパソコンはほぼ使い物にならなくなってしまいます。

 

2017年の2月から3日間の利用限度額がかなり緩和されましたが、それでもヘビーユーザーでは速度制限に引っかかってしまうでしょう。

 

GMOとくとくBBについてはそれほど不満な点は個人的にはありません。

 

しかし、よくインターネット検索の口コミにあるように、GMOとくとくBBのキャッシュバックの契約をしている人が、キャッシュバックを貰い損ねる話はあるだろうと感じます。

 

キャッシュバックを貰いそこねると他のプロバイダと比べてGMOとくとくBBが利用料金が安いというメリットはなくなりますから、GMOとくとくBBでキャッシュバックの契約をする場合にはくれぐれも条件を確認して、キャッシュバックの日付をメモっておくなどの対策は必要です。