Wimaxは利用データ制限なしで利用できるのでヘビーユーザーほどお得!ただし、常時接続は電池が持たないかも

WiMAXはモバイルではありますが、データ通信量に制限が無いので、いちいちデータ量を気にせず利用できるのが大きなメリット。

 

格安SIMなどの方が見た目の価格の安さはありますが、一番安いプランなどは、ハードユーザーだと極端な話1日で使い切るようなデータ量だったりします。

 

ある程度の量を使う可能性があるならWiMAXの利用が結局お得になる気がします。

 

しかし、注意点もあります。それはWiMAXは提供エリア内でも繋がらないところが意外とある、ということ。

 

実際、私の場合鉄筋コンクリートのマンションでしたが、窓際から離れると圏外になることもありました。

 

光やADSLと違って、あくまで無線であることを認識する必要があります。これはWiMAXに限った話ではないかもしれませんが。

 

そういった関係でWiMAXを利用しようと思う方には、お試しのtry!WiMAXで利用できるかを試してから契約することをお勧めします。

 

try!で借りられる機種は一世代前の機種であることが多いので、大体店頭などでは「これは感度が低いので、これでダメでもいけるケースも多いです」という形の説明を受けることがありますが、私の経験上では、try!と契約後の新機種の感度は大体同じくらいかと思います。

 

少なくとも私のマンションで圏外になるところは、どちらでもなりましたし、窓際ならどちらも快適でした。

 

なので、try!での利用状況の結果は、契約後も同様になるものと思って良いので、試してからの契約をお勧めするのです。

 

あと、WiMAXの契約を考えられる方は、スマホのネット契約の代わりに利用することを考えているケースも多いと思いますが、WiMAXの端末の電源はつけっぱなしでは1日などとても持ちません。
私の端末でカタログで12時間持つとなっていますが、実際は8〜10時間くらいと思われます。

 

ですから、日常的な使用方法としては使わない時は休止しておき、使うときに起動するという形になります。

 

常に繋がっている状況にしておきたいという場合は、日中でも充電ができる環境でないと難しいかもしれません。